FC2ブログ

Entries

姦計5

宰相
「おぉ・・・遅かったな」

セイバー
「いやなに、ちょっと細工をしておいた・・・
横領の件については安心していいぞ」

宰相
「そうか、ご苦労
さて・・・・そろそろいいじゃろう?
地下牢の時からもう辛抱たまらんのじゃ・・・・はよその極上の肉体を味わいたくのぅ!」
先ほど精がつくのをたらふく食べたから、もそう簡単には萎えやせんぞいw」

セイバー
「ヒヒヒ!流石はわしというか・・・・宰相殿はそんなに私の事お好きだったのですか?」

宰相
「おぉ?いいぞいいぞ、そうやってなりきってくれたほうがそそるわい!
いつまでもジジィ言葉じゃつまらんからなww」

セイバー
「私も・・・宰相殿の事を想うと・・・・んっ・・・うずいちゃうのです・・・」

宰相はセイバーに近づき真正面から抱きついて乱暴にカラダをまさぐっていく。

宰相
「おぉ~おぉ~ひひひひ!
女の肌はすべすべしていて気持ちがいいわい!
そしてこの尻・・・・うほっ~っ、なんという柔らかさじゃ!どこまでもめりこんできそうじゃわいっ♪
ん~~~ん~~~~♪」

セイバー
「んっ・・・あぁ・・そ、そんなにがっつくなぁって・・・w」

宰相
「つ、次は胸をおがませて貰おうかの・・・」

セイバー
「フフ。私の胸見たいですか?ちょっと待ってくださいね・・・・」

パチン!パチン!・・・・・ゴトン!・・・ゴトン!

セイバー
「これで良しっと・・・
さぁどうぞ私の胸をご覧になってください」

下着もろくにつけていなく、
白い簡素な服のみを身に着けていたセイバーは惜しげもなくそれを露にした。

宰相
「おうおうwwちょいと小ぶりだが綺麗じゃないか。
揉み心地も・・・ひひひ!いいのぅいいのぅ、この肉の柔らかさ!まるでプリンのようじゃ♪」

セイバー
「大きさにご不満ならこんなことも出来ますよ?・・・・んん・・・ん・・・

むくむくっ・・・・

宰相
「お・・?おお・・?」

セイバー
「憑依した対象の身体的特徴もある程度変えられるようです。
だからこうやって、カラダの脂肪を胸に移動させて豊胸させる事も可能、と」

宰相
「ひひひ!色々と楽しめそうだな・・・!れろ・・れろ・・・

セイバー
「ああっ♪んんっ・・・こ、このカラダ・・・感度が・・・・良いっ・・・♪」

宰相
「さて・・・・下の方はどうかな・・・・
・・・おや?びしょびしょじゃないかセイバーw」

セイバー
「さ、先程から色々とカラダ中を弄られて・・・溢れちゃいました・・・w」

顔を上気させて普段見せることの無い表情をみせるセイバー。
♀の顔も出来るんじゃないか・・・!

宰相
「セイバーは聖騎士なのに随分と淫乱なカラダをしているんじゃなww
・・・自分を慰めるような事はしているのか?」

セイバー
「こいつの脳によると・・・・フフッ、私、週に数回はやっているようですw
いくら戦士といえどもうら若きこのカラダがそれを許さないらしいですよ?」

宰相
「これからは・・・・わしが解消してやろうて・・・くふふ」

セイバー
「はぁん・・・・・・そろそろ女の快感というものを味わってみようかしら・・・
宰相殿、私のおマンコ・・・舐めてくださいませんか?」

宰相
「ひひ、いいぞいいぞぉ・・・・セイバーの聖なるおマンコ舐めてやるわい・・!

ほほっ!綺麗なサーモンピンクじゃないか!
皮も向けて・・・・レロレロ・・・すっかり興奮しているようだな、このカラダは」

セイバー
「ああっ!!こ、これは・・・!す、凄いぃんっ・・・♪」

ぴちゃ・・ずず・・・れろ・・・・

セイバー
「もっと・・・もっと舌でこねくりまわ・・・・・・・はぁっ・・・」

宰相
「なんという良い眺めじゃぁ・・・セイバーがわしの舌使いで悶えとるわ・・!」

セイバー
「はぁ・・はぁ・・・はぁん・・・はぁはぁ・・・」

宰相
「じゃがそろそろ、わしも気持ちよくしてもらわんとな・・・ほれ」

セイバー
「はぁ・・・はぁ・・ふふっ・・・この誇張具合・・・勢力増強剤を使ったんでしたっけ?」

宰相
「お主が来る前にな・・・これなら長く楽しめそうじゃからのぅ・・・ひひひっ」

セイバー
「弄るだけでこんなに気持ちがいいんだ・・・・これを挿れたらもっと・・・・!
い、入れるぞ・・・・んんっ・・・」

つぷ・・・ずぷ・・・・ぬぷぷ・・・!

宰相
「こ、これは・・・・・くっ・・!なんという・・・!」

セイバー
「こ、これが挿れられる感覚か・・・異物感は感じるが・・・・
良い・・・これは・・・ひっ・・・・なんという快感だぁっ・・あっ・・あっ・・・♪」

宰相
「こ、こっちも・・・セイバーの膣は極上のモノだぞ・・・
締め付け具合も中の肉も今まで味わった事ないわ・・・!
気を抜いたら・・・・すぐにイってしまいぞうじゃ」

セイバー
「そ、そんな事言われても・・・
この・・・カラダが勝手に・・・気持ちいい所を探して・・・・・腰が動いて・・んんっ♪」

70.jpg

宰相
「おほっ♪・・・こ、こら・・・っ♪や、やめ・・・」

セイバー
「もっとぉ・・・もっと突いてぇん・・・奥までぇ・・もっとぉ・・・あ・・・あ・・・」

セイバーの瞳が紅く、妖しく光る。

宰相
「こ、これは・・・うっ・・!!」

セイバー
「はぁっ・・はぁっ・・・
宰相殿・・・もっとです・・・もっとセイバーを愛してください・・・」

宰相
「こ、この魔術・・・は・・・・く・・・・体が・・・勝手に・・」

セイバー
「ふふっ・・・気付いたようじゃの・・・はぁん・・・そう、これは魅了の魔術じゃよ。
知識としては持っていたが使えなかったろう?コレは♀専用の魔術じゃからの。
だが・・・・・・んっ・・・今の私・・・セイバーのカラダならこれこの通り・・・・」

宰相
「お・・・のれ・・コピーの・・・・分際で・・・・あああ・・・ぅ・・・・あ・・・お・・・」

セイバー
「ふっ、何を言っている?
自由にカラダを換えられる能力を手に入れた私こそオリジナルに相応しい!
肉に縛られている貴様より遥かに高等な存在になったのじゃ・・・・
殺さず洗脳してやるのだから有難いと思うがよい・・・ヒヒヒ!!」

宰相
「く・・・あ・・・・」

セイバー
「さぁ・・・さぁさぁ、遠慮せず盛大にこのセイバーのカラダにぶちまけるが良い・・・!
そしてそれが貴様の最後の快楽じゃ・・・・んっ・・・・あぁ・・・」

宰相
「あぁ・・・セ・・・・・イバー・・・・・・」

セイバー
「あはっ・・・そうですよ宰相殿ぉ・・・♪早く出して私の虜となってくださいねッ♪
ほらぁっ・・・んっ・・・ああっ・・・・こ、こんなのとかどうですか?」

膣内の肉を巧みに操り、搾り取るような動きでソレを刺激する。
肉のそれぞれが意思を持っているかの如く。

宰相
「ああっ・・・・で、でるっ・・・!!」

セイバー
「あ・・・あ・・・・ぁ・・・・キちゃう・・・・あ・・・・私も・・・・あ・・・あ、ああぁ・・・・・・・・」


「ああああーーーーーーッッ!!」


ごぷっ・・・ごぷっ・・・・ずぷっ・・・

セイバー
「はぁっはぁっ・・・・こ、これはなんという快楽じゃ・・
女という生き物はズルイのぅ、男なんかより数倍気持ち良い器官を持っているのじゃからw
しかも・・・んふっ・・・まだまだイケそうじゃわい・・・んんっ♪」

宰相
「あぅ・・・・あ・・・・」

セイバー
「まだ萎えるのは早いですよ宰相殿・・・
まだまだ・・・貴方からはたっぷりと精力と魔力を頂く予定なんですから・・・・・♪
ククク、女のカラダとは全く以て良くできている・・・!」

セイバーの瞳が一段と妖しく輝く。
その瞳に吸い込まれるように宰相はセイバーを抱き寄せ、再び腰を降り始める。

セイバー
「んんっ・・・あぁっ・・・そう・・・そうです・・・宰相殿(オリジナル)ッ・・・そこ・・・ああっ・・・!
貴方の代わりに・・・私が・・んっんっ・・・♪この・・国全土・・・・っ・・・
いや、大陸を・・・支配してみせますよっ・・・・んっ・・・・」

宰相
「あ・・・・ぅ・・・・あああ・・・・・ああああああ」

セイバー
「・・・・・この他人のカラダを奪う魔術を使ってなァ・・・・!
ヒヒヒヒッ!!」
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

Appendix

プロフィール

k

Author:k
kです。憑依好きです。
コメは掲示板にてお願い致します。
無断複製転載は禁止です。

ツイッター

検索フォーム

カウンター