FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE 憑依M@STER やよい編2

小野寺P
「・・・・・・・・?先輩?」

何かカプセルのようなモノを飲んだ鳥居Pはぐったりとうなだれてしまった。
俺もやよいも心配そうに様子を伺っていたその時、

25.jpg

やよい
「ヒッ!」

テーブルに乗り出して心配そうに様子を伺っていたしていたやよいが、
突如目をむき、カラダを反らし、硬直してしまった。

やよい
「あ・・・・・・・ぁ・・・・・・・ぅ・・・・・・」

小野寺P
「やっ、やよい!?どうした!?」

目を見開き、口をパクパクさせ、カラダが震えている。
この異様な状況を目の前にし、俺はどうしたらいいかわからず、
ただ、やよいの様子を心配そうに見守るしかなかった。

やよい
「・・・・・・・・・・っと、・・・・ようやく出来たか」

小野寺P
「やっ、やよい?だ、大丈夫か?お腹でも壊したか?」

やよい
「大丈夫、大丈夫、無事憑依できたってば」

小野寺P
「ひ、憑依って・・・ま、まさか・・・・」

やよい
「な?本当にできたろぉ?ん?ww」

ニカニカとワラうやよい。

小野寺P
「ほ、本当に・・・・・・・・・・・す、スゴイ!スゴイです!!
これで、先輩が腹黒の魔の手から守ってくれるんですね!
ありがとうございます!!!」

やよい
「はぁ~?ナニいってんだよ?
ヤるのはオマエだよオ・マ・エ」

小野寺P
「・・・・へ?」

やよい
「オレの憑依できるカプセル売ってやるから、
これでオマエが頑張れっちゅーということだよ、おぅけぇ?」

やよいのクチでは舌が回らないのか、どこかすっとんきょうな<おぅけぇ?>が
堪らなく可愛かった。

小野寺P
「お、オレがやよいになる・・・・?」

やよい
「そうだ、やよいに憑依し、腹黒の魔の手から守ってやるんだ。
普段からやよいにべったりなオマエなら、多少芝居もできるだろ?ん?
オレはとてもじゃないが、そんな芸当できねぇよ」

確かにやよいのPのオレならある程度のフリはできるだろうが・・・・
できるのか・・・オレに・・・?


やよい
「プロデューサー♪私、腹黒社長に穢されちゃってもいいの・・?」


小野寺
「駄目だッ!!駄目に決まっている!!」

やよい
「だろぉ?www」

小野寺
「ッッ・・・!!」

やよい
「それに、腹黒に目をつけられたって事はチャンスでもあるんだ
アイツのバックボーンは本物だからな・・・
これをチャンスにするか、棒に振るかは・・・・」

小野寺P
「オレ次第ってことスか・・・・」

やよい
「そーゆーこと♪そーゆーこと♪」

小野寺P
「・・・分かりました、やってみます」

やよい
「ん、よろしい♪
若いってのはこうじゃなくちゃな?
オレのスーツの内側のポケットにカプセルが残り一つはいっている。ソレを使え」
カプセルの代金はオマエの給料から差し引いとく。」

オレは横にうなだれている鳥居Pのスーツからカプセルを取り出す。
これがいくらしようが関係無い、やよいの身を守ることでオレは頭がイッパイだった。

やよい
「ん、取ったようだな。
大まかな説明をしておくと、そのカプセルの効果は6時間。
飲むと自分が幽体みたいなものになって自由に移動できるようになり、
その状態で憑依したい人間に重なると、相手に憑依できる。
先程見たとおり、憑依するのに少し時間がかかるのは仕様だ。

憑依されている側は憑依されている時の記憶はない。
憑依対象から抜け出したいときは、そう念じればいい。
・・・・とまぁこんなモンかな」

小野寺P
「了解しました」

やよい
「ほんじゃモトのカラダに戻るとするかね~
あ、そうだwwっとその前に・・」

小野寺P
「?」

26.jpg

やよい
「ワタシのカラダでヘンな事しないでくださいね♪プロデューサー♪
でも、ちょっとダケならいいですよ♪」

小野寺P
「なっ・・・////」

やよい
「はははは!!ナニ赤くなってんだよwww
ホンット、ロリコンだなオマエwww」

耳まで真っ赤にしたオレは、恥ずかしさと憤りで激昂する。

小野寺P
「先輩ッ!><#」

やよい
「はぁ~はぁ~ははは!笑った笑ったwww
んじゃ今度こそ戻るわwww」

そういうと、やよいは先輩と同じような格好でうなだれる格好になった。
直後、鳥居Pのカラダが動き出し、残った冷めたコーヒーをズズッっと飲み干す。

鳥居P
「じゃっ、そゆことでwwお疲れ~」

きびすを返した鳥居Pはそそくさとファミレスを後にした。
じきに意識を取り戻すであろうやよいになんていおう・・・

しかしとんでもないことになった・・
オレがカプセルを飲んで、やよいに憑依・・・?
やよいになって・・・・・・・・オレが・・・やよい・・・・

ゴクン

固唾を飲み込んだ音が自分でも聞こえた。

さきほどの鳥居Pがやよいに憑依して言わせた言葉が頭から離れない

な、なにを考えているんだオレは・・・・
やよいの身のためを思ってやるんだ!
そしてあわよくば、ヤツのバックボーンをも利用し、やよいをトップアイドルにするんだ!
それだけだ・・・・それだけなんだ・・・・!!

やよい
「・・ん・・・・・・ほぇ・・?私、寝ちゃったですかぁ・・?」

小野寺P
「あ、あぁ・・・・・・・・・・・・・・・実はな・・・・・」


オレは上手く誤魔化し、何も無かったように説明する。
そして、腹黒への営業は中止になった旨を伝え、
明日は普通に事務所へ顔を出すように伝えた・・・・・・・・
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

Appendix

プロフィール

k

Author:k
kです。憑依好きです。
コメは掲示板にてお願い致します。
無断複製転載は禁止です。

ツイッター

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。