FC2ブログ

Entries

涼宮ハルヒの災難2

ハルヒ
「ニヒヒヒ、やっぱオンナのカラダはいいな♪
胸とか尻とか触り放題だし・・・・お~絶景絶景♪」

胸元の制服を指で大きく開け胸を見る。
そこにはたわわに実った胸が二つ、ブラジャーに包まれていた。
鷲掴みにしたい衝動に駆られるが、はっと気付く。

ハルヒ
「っといけないいけない、お楽しみは目的を達成してからだ。
あまり長くは憑依は出来ないからな・・・・」

そういうとハルヒは目を閉じて深呼吸する。
呼吸した時にも自分の胸によって制服が膨らむ。
男の時とは違う膨らみをカラダで感じ、嬉しくなる。



ハルヒ
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



2~3分過ぎた頃、静かに目を開けたハルヒは、安堵の表情を作り、
机に脚を大きく投げ出した。

ハルヒ
「ぷはぁ~♪なぁ~んだ、ただのオカシイ女じゃねぇかww
本気で宇宙人やら未来人、超能力者を信じているようだな・・・・
ま、超能力者ってのは俺がいるから信じていいぜwww」

ハルヒの声でケラケラと嬉しそうに言う。

(深層心理まで探れないとはいえ、
表の部分だけで敵か味方を判断するのはこれで充分・・・!!
イキすぎたSF的な考えが全てな、ただの奇行女・・・!!)

ニヤリと笑うと自分の今のカラダをニヤニヤと見下ろす。

ハルヒ
「さてと・・・色々と楽しませてもらう前に・・・・
ちょっと制服のままってのは、味気ないわよね・・・
体育着とかがこのカラダに似合うと思うわ♪」

先ほどハルヒの意識を読み取った際に喋り方も同じ様に盗んだ。
こちらの方が「乗っ取った感」をより感じられるからだと、男は思っている。

部屋の鍵を書け、安全を確保した後、
衣装がたくさん掛けられている場所へと移動する。
普通に歩くだけでも胸が揺れ、微かに香るシャンプーの匂いが男を興奮させる。

ハルヒ
「確か・・・みくるちゃん・・・・だったわよね・・・・の、コスプレ衣装が・・・
ここら辺にあったとコイツは記憶してるんだが・・・・
・・・・あぁ、あったあった、これだわ♪」

早速体操着を取り出すと、惜しげもなく制服を乱雑に脱ぎ捨て、
ハルヒの記憶を使い、スムーズに体操着に着替えていく。

お尻の肉を人差し指でブルマの中に上手く収める動作を
無意識にハルヒのカラダが行うのだが、それを嬉しく感じる男。

ハルヒ
「はあ~・・・・できた・・・・これよこれ♪」

そばにあった全身を写せる鏡の前に立つ。
前かがみになって自分の顔をまじまじと見つめたり、
とっびきりの笑顔や、怒り顔、恥ずかしいような表情、艶かしい仕草などをさせてみる。

鏡に映る普段とはかけ離れた涼宮ハルヒ・・・・
それを自分がさせてる、という征服感がより男を興奮させた。

ハルヒ
「かわいいし、エロいし、最高ねこのカラダは♪
このくびれとか下腹部ののっぺり感は反則だろwwww」

重点的に下半身をその細く柔らかな指で味う。
ふともも、ひざ、股間、下腹部・・・・
ほどよく反発する若い肌は憑依した男に性的興奮を与え続ける。

ハルヒ
「んふ・・・そしてこの胸・・・・はぁ~~♪やわらけ~っ♪」
んっんっ・・・・あぁ・・・・・・♪んっ♪」

体操着を下からブラジャーごと捲し上げてそのやわらかい感触を貪る。
手のひらの中でいやらしく形を変える。

18.jpg

ハルヒ
「ああっ・・・・すげぇな・・・・涼宮のカラダ・・・・♪
乳首がおったってやがる・・・・へへ・・・あ、ああっっ・・・♪

はぁ・・はぁ・・・・もう我慢できないわ・・・・♪」

そういうとブルマの中へ手を突っ込んだ。
ブルマの中で手がもぞもぞと蠢き、
その度にハルヒは苦悶の表情を表し、悶える。


くちゅ・・・・くちゅ・・・・


ハルヒ
「はっ、はっぁ・・・・ぁ・・・・んっ・・・す、涼宮ぁ・・・・涼宮ぁ・・・♪」

涼宮ハルヒのカラダを楽しみ、弄ぶ男。
口はだらしなく開き、恍惚な瞳をしている。

しかし、その快楽の時間に突如水をさす乾いた木の音が響く


コンコン

ハルヒ
(!?)

ハルヒに憑依している男は青褪める!

ハルヒ
(いつからドアに・・・?
いやそれよりも・・・・・聞かれたか・・・・?
あまり沈黙を続かせるのは得策じゃない、すぐ返事をするべき!)

ハルヒ
「あ~ゴメンゴメン、間違って鍵掛けちゃったみたい。
今、開けるわ。」

ドアへと歩く最中、憑依している男は必死にハルヒの記憶を探りつつ、
いくつかの最悪のパターンをを考え、それを回避すべく考えを巡らせていた。

考えがあまり纏まらず、不安な気持ちのままドアへ辿りつく。
「ごくり」と固唾を飲み込んでドアノブへと手を掛け、ドアを開ける。




するとそこには・・・・・
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Appendix

プロフィール

k

Author:k
kです。憑依好きです。
コメは掲示板にてお願い致します。
無断複製転載は禁止です。

ツイッター

検索フォーム

カウンター