FC2ブログ

Entries

孫想い

10.jpg

「ホレ、よくみんかい千穂ちゃんのカラダじゃぞ。」

「じじじじーちゃん!ななななにを・・・!!」

「なにをって・・・・お前がお隣の千穂ちゃんの事好きっちゅーから
こうしてカラダを乗っ取ってきてやったんじゃないか。
最近の若いモンは発育がいいんじゃな♪
胸も尻も肌も最高じゃわい、流石我が孫じゃ。中々見る目があるのうwwww」

といいながら自分のカラダをまさぐる千穂姉。
俺は普段見たこと無い千穂姉の痴態に興奮していた。
その様子を見て千穂姉はニヤリと笑う。

「ふふふ・・・・このままお前の筆下ろしをしてやってもいいんじゃが・・・
今日はここまでじゃ、この後はワシが千穂ちゃんの部屋で楽しむ♪」

「ええ~~っ!!そ、そんな~~!!」

「まぁまぁ、明日からお前にもこの術を教えてやるから・・・
今日は・・・その・・・自慢じゃwwwwいいじゃろういいいじゃろうwww」

カラダのあちこちをイヤらしい手つきで触る。

「くっ・・!!」

「他人の体を操りたい!という思いが一番重要なんじゃ。
そのモチベーション上げも一応兼ねてるがなw」

「その作戦はバッチリ成功のようだぜぇ・・・!!」

ぜぇぜぇと呼吸は乱れ、血走った目でおれは言った。

「ほほ、それは良かった。
さてと、そろそろワシも帰るとするかな、千穂ちゃんの部屋に♪」

と言うと、スキップで部屋の出口のドアのほうへ歩いていく。
そしてドアを開いて去り際にこう言った。

「祐ちゃん?今日はおじーちゃんにワタシの全てをみせちゃうけど、
早く祐ちゃんもワタシのカラダを乗っ取ってね♪楽しみにしてるわ・・・フフッ」

と、挑発的な笑みを浮かべながら千穂姉は去っていった。
部屋に一人残された俺は、
絶対に術を極めてやると、硬く硬く決心したのだった。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Appendix

プロフィール

k

Author:k
kです。憑依好きです。
コメは掲示板にてお願い致します。
無断複製転載は禁止です。

ツイッター

検索フォーム

カウンター