FC2ブログ

Entries

私のカラダで

――誰もいない体育館倉庫にて――ぬちゃ・・ぬぷっ・・・ぬぷぷっ・・・・伊澄「んんっ・・・ああっ・・・先輩のが奥に当たって・・・ああっ♪ソコ・・・一番奥・・・・んっ♪き、気持ちいいですぅ・・・・んっ♪」先輩「ふっ、ふっ、ふっ・・・・この娘のアソコも凄く・・・良いよ・・・っ!!」伊澄「んっ、嬉しい・・・こんなに先輩に喜んで貰えるなんて・・・♪このコは当たりでした・・・♪あっ♪あは♪・・・・・も、もっとこのカラダ...

Appendix

プロフィール

k

Author:k
kです。憑依好きです。
コメは掲示板にてお願い致します。
無断複製転載は禁止です。

ツイッター

検索フォーム

カウンター